海外旅行おすすめ必需変圧器 変圧器について知っておきたいこと

海外旅行おすすめ必需変圧器



海外で電化製品をそのまま使用(充電)する場合、
変圧器が必要になります。
なぜなら日本と海外の電圧が違うからです。
普段使用しているドライヤーやヒゲソリ・
携帯電話・デジカメ・ノートパソコンなど、
持っていく荷物の中には様々な電化製品があります。

変圧器を使用すれば、
日本で普段使用している電化製品を
そのまま海外に持っていって使う事(充電)ができます。

注意!!
変圧器には変換プラグが付属していないことが多いので、
旅行先の変換プラグは別途必要になります。
変換プラグが必要かを確認しましょう。


サーマルプロテクタ機能
変圧器本体が加熱し、内部の温度が異常に上昇した場合に
自動的にトランス内部の保護装置が働き、
出力電圧が出なくなる機能です。
その場合、電源プラグを壁のコンセントからはずして、
約30分くらい放置するとで元の状態に復帰します。


消費電力
10W 携帯電話
20W デジカメ・シェーバー・充電器(電池など)
50W ノートパソコン
80W 蛍光灯
100W 小型(14型)テレビ、ポータブル温冷蔵庫
300W 扇風機
500W デスクトップパソコン、全自動洗濯機
800W コタツ、コーヒーメーカー
1000W トースター
1300W 電子レンジ、電気ストーブ
1500W 炊飯器、ジャーポット、ドライヤー

 



変圧器使用時の注意

変圧器使用の際は電気製品の
消費電力(W)をお確かめの上、必ず変圧器本体の
定格容量内でご使用ください。

変圧器に強い衝撃を与えたり、落としたりしないでください。

変圧器を分解・改造しないでください。

●お使いになる国によって、電源コンセントの形状が異なります。
その国々の形状にあった変換プラグをご利用ください。

●万一変圧器本体から煙がでて、
変なにおいや音がするなどの以上状態のまま使用すると、
火災、感電の恐れがあるので、速やかに、電源プラグを
コンセントからはずしてください。

●ホテルの洗面所にあるコンセントは通常20W程度
(シェーバー用)が多いのでご注意ください。

●連続使用の場合(30分〜60分程度)は、
定格容量の70〜80%を超えないでお使いください。

 

posted at 23:31 | 変圧器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。