変圧器の種類 変圧器について知っておきたいこと

変圧器の種類



変圧器はナゼ必要なの?
変圧器とは、電圧を変える器械のことです。

日本の電圧は100Vでオーストラリアの電圧は240Vです。

電力と電圧をそれぞれ水の量、水を流す力に例えてみましょう。

オーストラリアでは、水を流す力(電力を流す力=電圧)が
日本よりも強いために、日本の電化製品を直接つないでしまうと、
その力に耐え切れずショートしてしまうのです。

その為に、日本の電化製品をオーストラリア使う時に
変圧器が必要だという理由があります。

 



変圧器の種類
●ダウントランス
ダウントランス(降圧トランス)の機能は、
電圧を下げることにあります。
そのため、日本よりも電圧が強い国へ行く場合に
このダウントランスの変圧器が必要となります。

●アップトランス
アップトランス(昇圧トランス)の機能は、
電圧を上げることにあります。
そのため、日本よりも電圧が弱い国へ行く場合に
このダウントランスの変圧器が必要となります。

変圧器のパッケージをご覧になられたことがございますか?
変圧器のパッケージに対応諸国が書いてあるのは、
こうしたダウントランスとアップトランスという
二つの機能があるからです。

 

posted at 20:16 | 変圧器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。