降圧変圧器で日本の電化製品を海外で使う 変圧器について知っておきたいこと

降圧変圧器で日本の電化製品を海外で使う

ダウントランス/降圧変圧器は日本と電圧の異なる海外で、
日本の電気/電化製品を使える状態にするための物です。

電気・電化製品の容量に合わせた適切なダウントランス/
降圧変圧器を選びましょう。

■まず、海外でご使用になる電化製品のINPUT/入力電圧を
お調べください。電化製品本体か説明書に記載されています。

●INPUT:100Vと表記・・・
渡航先の電圧に合わせた ダウントランス/降圧変圧器が必要です。

●INPUT:100-120Vと表記・・・
アメリカなど120Vまでの電圧には対応します。
それ以上の国では ダウントランス/降圧変圧器が必要です。

●INPUT:100-240Vと表記・・・
ほぼ世界中でご使用できます。
ただし、電源コードが対応していない場合があります
ので注意しましょう。
(この場合は高電圧対応ケーブルか、
高電圧対応変圧器をご使用いただいた方が安全です)

 

■ご使用になる国の電圧をお調べください。
(合わせて電源プラグタイプもお調べ下さい)

■最後にご使用になる機器の定格容量または消費電力を
調べ、その容量以上の降圧変圧器をお選びください。
容量以内であれば、タップ等を用いて複数の電気製品を
繋ぐことができます。

次の電気製品は、降圧変圧器を用いての海外使用はおすすめできません。
●ドライヤー、アイロン、電気調理器、掃除機、洗濯機、
電子レンジなどモーターを使用するものや熱を発し、
消費電力の大きいもの。
これらをどうしても変圧器で使いたいという場合は、
定格容量の2〜3倍の容量の変圧器が必要になります。
(定格容量が1500Wを超えるもの。
大きくて、とても重たい変圧器が必要になります)

これらの電化製品は必要容量も大きく 変圧器の値段も
重量も重くなってしまいますので、海外対応の電気製品を
使用することをおすすめいたします。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。